未来情報産業株式会社全国の ICカード これひとつ


LOCATION:

概要

全国各地の公共交通機関が発行するICカード乗車券の「残高照会」「履歴確認」を中心に、カードによっては「改札履歴」「チャージ履歴」「ポイント履歴」などを確認する事ができるアプリケーションです。

また鳥取市の「くる梨」のように、一部バスについては一般の電子マネーで清算可能なため、電子マネーの履歴や残高照会にも対応しています。

ICカードが持つ機能の全てを引き出すことを目標としています。「機能とサービス」もご覧下さい。プロジェクト概要もご覧下さい。

目次

よくある質問と回答

詳しい使い方や、よくある質問と回答をまとめています。疑問点があればご覧下さい。

💳カードの読み取り方は、📈図付きで説明がありますので参考にして下さい。

ご利用プラン

機能は随時追加されております。プレミアムサービスでは、ここに記載がない機能も様々ご利用いただけます。

まずは試用プランでお試し下さい。

毎月1回、第1日曜日に、プレミアム無料デー開催中です。特急券機能を試すならこのチャンスをお見逃しなく!

プラン 試用
無料
心ゆくまで
プレミアムサービス(※1)
各停券
1日約3円
100円/月
急行券
1日約10円
300円/月
特急券
1日約16円
500円/月
Android 9 Pie 未対応 未対応 利用可 利用可
Android 4.4〜8.1 利用可 利用可 利用可 利用可
対応カード 全て 全て 全て 全て
10カード 改札タブ 1件のみ 3件全て 3件全て 3件全て
manaca独自情報 未対応 表示可 表示可 表示可
USB パソリ 未対応 利用可 利用可 利用可
記録
保存
再表示 未対応 利用可 利用可 利用可
保持枚数 未対応 1枚 10枚 100枚
保持件数 未対応 10件 各50件 各300件
物販 店名表示 未対応 利用可 利用可 利用可
店舗検索 未対応 未対応 利用可 利用可
CoGCa 未対応 未対応 利用可 利用可
litta 未対応 未対応 利用可 利用可
出力 CSV 未対応 利用可 利用可 利用可
サポート(※2) できる限り 必ず対応 必ず対応 優先対応
広告 あり なし なし なし

※1 価格は全て税別です。別途消費税が加算されます。

※2 サポートは、簡単な使い方の説明、不具合報告への対応などを指します。緊急対応、夜間対応などを含む保守契約は別料金でたまわります。

目標

このアプリは、究極の性能を実現するアプリを目指し、開発が始まり今に至っています。

ICカードを読み取って表示したり、対応する店舗を検索して表示したり、ICカードリーダーをUSBで接続したりする機能があり、機能は随時追加されております。ICカードを活用するための機能に特化したアプリで、それ以外の余計な機能は何もありません。多機能・高性能なICカードビューアーアプリです。

機能の幾つかは無料でお試しいただけますが、有料機能も1日約3円からと参加しやすい価格に設定しています。安くて使いやすくて高性能なアプリを目指し、会員制プレミアムサービスとして提供されています。

このアプリ独特の魅力的な新機能は全てプレミアムサービスで提供されておりますので、お気に召しましたらこのアプリの進化をプレミアムサービス会員として共に歩んでいただければ幸いです。

ダウンロード・対応機種

Android用

この製品は、まずはAndroid用に開発をしています。

NFC対応かつFeliCa読み取りが可能なスマホ、タブレット、または幾つかのUSBカードリーダーが利用できます。

対応機種の一覧表については「確認済みの対応機種一覧表」もご覧下さい。

対応するUSB接続のカードリーダーは「外付けデバイス」もご覧下さい。


アプリは、Google Playからダウンロードできます

iOS用

iOS(iPhoneなど)用の開発予定はありますが、現時点で充分な需要が確認できていないため、開発は無期延期となっております。

iOS自体は、Androidでは可能なNFCのR/W機能が公開されていない(iOS12時点)ため、本体で直接読むことはできません。別途、ICカードリーダー装置を購入して使用する必要があります。また、iPhoneの拡張端子はLightningでありUSBではありませんから既存製品をUSBで繋ぐこともできませんので、ソニーが専用に販売しているBluetoothで接続するパソリRC-S390を使用することになります。

ただ、iPhoneのシェアは減る一方の中でいつiOS用アプリの需要が高まるかは分かりませんし、そのようなものを待ち続けて時代に取り残されるよりAndroidに機種変更して最新のトレンドに乗っていくのも方法の一つです。Androidなら機種変更した当日よりこのアプリをご利用いただけます。

Windows用

将来的に、Windows用製品(Windows 7 + パソリの環境を想定)も予定をしておりますが、こちらは未定となっております。

なお、かつてのWindows Phone用やWindows 10 Mobile用については全く予定がありません。ご了承願います。

その他のOS

その他のモバイルOS用は、現時点では全く予定がありません。ご了承願います。

動作要件

Android 4.4(KitKat)以降

Androidバージョンは、現在はAndroid 4.4(KitKat)以降が必要となります。

ただし、4.4(KitKat)ではセキュリティ機能が古く、HTTPSでの報告機能が使えないなどの制限があります。もはや時代遅れですので、5.0(Lollipop)以降をご利用下さい。また今後はより新しいバージョンを要求するよう仕様変更する可能性があります。

Android 9(Pie)以降について

Android 9(Pie)はバージョン0.397 (H30/12/19) から対応開始しました。

Android 9(Pie)対応は、最新機種の入手や仕様変更箇所の調査などで多くの費用を要しております。受益者負担の原則に基づき、Android 9(Pie)でのアプリ利用はプレミアムサービスの契約が必須となります。

予定では1年間、平成31年12月末リリースまでのバージョンで有償化の予定で、プレミアム急行券(300円/月)またはプレミアム特急券(500円/月)が必須となります。

最新OSで、プレミアムな機能と共にICカードから始まる生活一新をお楽しみください。


なお、平成30年12月20日以前にご契約いただいた各停券の会員様は、契約が維持されている間、継続サービスとしてAndroid 9(Pie)でもご利用いただくことができます。

CPUパワーとメモリー容量

CPUは高速であればあるほど快適に動作します。「近くの店をさがす」機能などはCPUパワーが全てですので、快適に使用するためにはCPUが速いスマホ・タブレットを使うことをお勧め致します。

メモリー容量(ストレージ容量ではありません、RAM容量です)も、多ければ多いほど快適です。他のアプリに切り替えてから戻るような場合も、メモリー容量が少ない場合はアプリが再起動してしいまい結果が消えてしまうことがあります。

NFC Forum N-Mark対応機種

正規にNFCに対応した、「NFC Forum N-Mark」が付いたカードリーダー(内蔵または外付け)で利用することができます。古い機種には無いことがありますが、現在では、このマーク付きが「正規にNFCに対応した」かどうかの判断基準です。

このアプリでは、本体内蔵のNFC機能だけでなく、いくつかのUSBで接続するICカードリーダーにも対応しています。対応するUSB接続のカードリーダーは「外付けデバイス」もご覧下さい。


国産メーカー品でNFC対応の製品は、恐らく例外なく正規にNFCに対応しています。

海外製の安価なSIMフリー端末などは、そうでない可能性が高いです。


弊社では海外製品としてGoogle純正となる Nexus 7 [2013] で試験していますが、NFCアクセスのAPIが誤作動し、正常にNFCアクセスできない事例を多数確認しています。機械側の都合で読めない場合、アプリでは対処できませんので、N-Mark付き端末への機種変更を検討願います。

対応機種一覧表」も用意しておりますので、合わせてご覧下さい。

これからの動き

アプリに影響しそうな今後の動向で、把握されている今後の動向は次の通りです(旧→新)。

最近の動き

アプリに影響しそうな今後の動向で、把握され、既に導入されているものは次の通りです(新→旧)。

その他の動き

新しい交通系ICカードについては「交通系ICカード#今後の予定」をご覧下さい。

IC対応新駅開業については「対応駅一覧表」に何らかの記載があります。

IC対応新バス停開業については「バス停留所一覧表」に記載されていることがあります。

IC対応店の新規開業については「物販店舗一覧表」に記載されていることがあります。

いずれも、記載がないものについては随時知らせ下さい。対応後に報告をいただくことで正式に対応することが可能です。

広告募集中

「ICカード これひとつ」の一番下に、広告を表示してみませんか?

詳しくは「広告のご案内」をご覧下さい。

問い合わせ

このソフトウェアは、無保証です。

簡単な問い合わせはマストドンへお願いします。

難しいお問い合わせは電子メールで、info@mirai-ii.co.jp までよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2015-2019 All rights reserved.