未来情報産業株式会社 プライバシー ポリシー ‐ ICカードビューアーシリーズ


LOCATION:

プライバシー ポリシー

未来情報産業株式会社(以下 当社)は、当社が定めた経営理念と行動規範に基づき、社会に貢献し、お客様より信頼を得るとともに、当社への期待に応えられるよう事業活動を進めて参ります。

当社は、個人情報(特定個人情報なども含む)の重要性を強く認識しており、当社の製品であるICカードビューアーシリーズにおいては、以下のように個人情報保護の方針を定めます。

ICカードビューアーシリーズ

当社の開発しているICカード乗車券などに対応したアプリを総称し、ICカードビューアーシリーズと呼びます。

随時新カードへの対応を進め、各カード専用アプリを用意していますので、一覧については以下を参照してください。

NFC関連製品

提供される機能の概要

ICカードビューアーシリーズは、公共交通事業者が発行するICカード乗車券(以下 乗車券)、および各社が発行するICカード式電子マネー(以下 電子マネー)、または、会員証、社員証、学生証など個人を識別するためのカード(以下 会員証等)など、様々なICカードに記録された、様々な情報を確認するための機能を提供致します。

乗車券であれば、乗降履歴、カード残高、カードによっては利用期限や登録された利用者の情報、また、特急券の情報、指定席の情報などを表示することができます。

電子マネーや各種の会員証等では、購買履歴、カード残高、登録された利用者の情報などを記録されている範囲内で表示することができます。


加えて、ICカードビューアーシリーズは、乗車券であれば未対応の駅や停留所、電子マネーであれば未対応の店舗等、または、未対応の使い方をしアプリがそれを認識できない場合などにおいて、それをアプリを開発しております当社に報告する機能を有しています。

このプライバシー ポリシーでは、ICカードビューアーシリーズのサービスのご利用にあたり、当社がユーザー情報をどのように受け取り、利用しているかを説明しています。

プライバシー ポリシーでは、以下の事項について説明します:

可能な限り分かり易い説明を目指しておりますが、説明にさいして技術的な専門用語を用いております。

技術用語で不明点があれば、お手数ですが、通信用語の基礎知識Wikipediaなどの辞書・辞典で検索してご確認ください。

当社が収集する情報とその理由

アプリの機能

ICカードビューアーシリーズは、カード内にある履歴情報などを読み取り、解読し、それを画面に表わします。

その際、当社が想定していない内容がカード内に書き込まれていたり、またはまだ対応できていない駅や停留所、店舗等の番号が書かれていたりした場合、正確に画面に表わすことができません。

そこで、その行を長押し(ロングタップ)することで、当社に正しい駅名や停留所名、店舗名、または用途を報告することができます。

お客様から提供戴く情報

お客様に入力いただく内容は次の通りです。

(画面の例)

ここで送信ボタンを押した後、当社に送られる内容は次の通りとなっています。

  • アプリの名前とバージョン
  • アプリが誤って表示した名称(駅名や停留所名、店舗名など)
  • アプリが解読した情報(駅番号、停留所番号、店舗端末番号、日付など)
  • お客様が入力された情報(駅名や停留所名、店舗名など)
  • アプリが推定したカード種類
  • 間違って表示した、カード内に記録されている1件ぶんの実際のデータ

それ以外の、問題となっていない箇所については送信されません。

問題となっていても、お客様が情報を送信されない場合に、勝手に送信するようなことはありません。


また、ダンプツールを用いた場合に、当社に送られる内容は次の通りとなっています。

  • 非暗号化領域の全てのデータ
  • お客様が入力されたメッセージ

アプリにおける個人情報の考え方

ICカードビューアーシリーズは、カードに記録された(個人情報を含む)情報を解読して表示する機能を実現し、お客様に提供します。

この機能を実現するにあたり、実際にカードに記録された(個人情報を含む)情報を受け取り、集めて、解析・解読・分析をする必要があります。


ただし当社は、ICカードビューアーシリーズを通じて個人情報を収集することは目的としていません。


記録されているデータの解読をするにあたりデータを収集する必要がありますが、その中に個人情報が含まれています。このため、プライバシーポリシーを定め、情報を厳密に扱う方針を定めることとしています。

従って、個人情報保護の観点から受け取る情報は必要最小限にしたいと考えており、アプリ操作において送信される情報は、必要最小限となるよう設計をしています。

当社に送信される情報は、情報としては僅かな量ですが、この情報から、お客様が確かにその駅または停留所で乗降などをした、または買い物などをした、という記録を当社に送信することになります。

収集した情報の利用方法

当社は、お客様より提供いただいた正しい駅名や停留所名、店名など、または用途と、得られたデータとを照らし合わせ、カード情報の解析を進めます。

これにより新たな知見が得られた場合は、アプリの改善に生かすことをお約束いたします。

また未対応の駅や停留所、店名等が情報より判明した場合、合理的な範囲内で可能な限り速やかにアプリに反映します。更に、当社が把握している駅や停留所、店名等の番号と、カード内への記録のされ方で照合が取れた場合は、既知の分も含めて、一気に数多くの駅や停留所名、店舗等に対応することが出来ることもあります。


ICカードビューアーシリーズの開発で得た個人情報については、現時点では第三者に委託することは計画していません。このアプリの開発が、当社だけでは困難になった場合には方針を変更する必要があるかもしれませんが、現時点ではその必要性はないと考えています。もしこの方針を変更する必要がある場合は、公表し、一定の期間を経た後、それ以降に取得した個人情報についてのみを委譲する対象とします。

個人情報保護方針

以下に、ICカードビューアーシリーズを含む、当社の個人情報保護方針を記載します。

基本方針

  1. 当社は、個人情報の保護に関する法律ならびに関連する法令、国の定める指針、その他の規範を遵守します。
  2. お客様の個人情報を取得するさいには、本人に対してその利用目的を明らかとし、同意をいただいた上で取得します。また取得した個人情報は、目的以外には使用せず利用範囲は限定し、適切に取り扱います。
  3. 取得した個人情報は、法令などに基づく命令の場合を除き、あらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。

開示、訂正、利用停止などへの対応

当社が保有する個人情報に関する請求については、合理的な範囲内で誠実かつ迅速に対応します。

個人情報漏洩に対する保護

当社は、保有する個人情報を厳格に管理し、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、滅失、毀損等の予防策を実施します。

問い合わせおよび相談窓口

当社指定の窓口にて、合理的な範囲内で誠実かつ迅速に対応します。


制定日: 平成27年3月20日

改定日: 平成28年2月1日

改定日: 平成28年7月11日

未来情報産業株式会社

代表取締役社長 吉田光男

本件に関する問い合わせ先

〒603-8158 京都府京都市北区紫野宮西町12番地8

未来情報産業株式会社 お客様情報対応窓口

info@mirai-ii.co.jp

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2015-2016 All rights reserved.