未来情報産業株式会社機能とサービス ‐ ICカード これひとつ


LOCATION:

概要

このページでは、「ICカード これひとつ」の豊富な機能とサービスに関する情報をまとめています。

より詳細についてはリンクしている各紹介ページをご覧下さい。

なお解決しない疑問等あれば、電子メールやマストドン等でお気軽にお問い合わせ下さい。随時追記します。

対応するカード種

カードの種類

次のようなカードで、カードのもつ機能の範囲内で概ね共通したサービスを提供しています。

用語

以下で用いる用語についてここで簡単に紹介をしておきます。

FeliCa

FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。

Suicaはじめ日本の交通系ICカードのほぼ全て、WAONやnanacoや楽天Edyなどの電子マネーはFeliCaを用いています。

交通系ICカード

鉄道およびバス用に発行されているICカードの総称。

全国で使える10種類のカード(10カード)と、地域限定のものとがあります。

アプリで対応する一覧と詳細は「よくある質問と回答 > 交通系ICカード」をご覧下さい。

10カード (てんかーど)

交通系ICカードのうち、全国で相互利用されている次の10種類のカードのこと。

Kitaca / Suica / PASMO / TOICA / manaca / ICOCA / PiTaPa / SUGOCA / nimoca / はやかけん

また特に明言していない場合はモバイルSuicaも含みます。

「PiTaPa」を除く9カード

10カードから、電子マネーが全国で相互利用されていないPiTaPaを除いた9種類のカードのこと。

10カード中、PiTaPaのみポストペイつまりクレジットカードであり、他の9種のプリペイドカードとは異なります。

地域独自カード

呼称は様々あるが、10カード以外の交通系ICカードの総称の一つ。

その地域でしか使えないため不便とされることが多いカードですが、実はカード内に記録できる情報はSuicaなどより多く、ごく初期に作られたSuicaの仕様の欠点や問題点などが改善されていることから、このため使い方によっては大変便利なこともあります。

アプリで対応する一覧と詳細は「よくある質問と回答 > 交通系ICカード > 地域」をご覧下さい。

電子マネー

硬貨や紙幣の代わりに使うことができる貨幣サービスです。

大きく交通系ICカードを用いた交通系電子マネーとそれ以外に分けられますが、それ以外の電子マネーでアプリで対応する一覧と詳細は「よくある質問と回答 > 電子マネー」をご覧下さい。

交通系電子マネー

交通系ICカードのチャージ額などを用いて電子マネーとしてのサービスを提供するものです。

10カード、SAPICA、LuLuCa、ICOUSA、ICい〜カード、IruCa、くまモンのIC CARDで提供されています。

機能一覧

基本機能一覧

タブ機能一覧

各機能については、このページ内で説明をしています。リンク先をご覧下さい。

サービス機能一覧

これらサービスは全てプレミアムサービスです。各機能については、原則として他のページで説明をしています。リンク先をご覧下さい

基本機能詳細

複数機能混在カードへの対応

FeliCaは、一枚のカードに複数の機能を搭載できることを特徴としています。

カードとして本当にマルチに使えるものは数えるほどしかありませんが、スマホ内のおサイフケータイなどは、本体内蔵FeliCa内に無数の機能を混在させています。これも次に述べるパソリを繋げば読み取ることができます。

そこでこのアプリでも、複数の機能を表示できるよう対応しています。

複数の機能のうち、電子マネーなどよく使われるものを優先的に表示するようになっていますが、それ以外はドロワーから切り替えが可能です。画面左上のハンバーガーをタップするか、画面左側から右にスワイプするとドロワーメニューが出ますので、ここから選んで下さい。選んだものに切り替わります。

USB接続のカードリーダー対応

本体内蔵のNFC機能に対応するアプリはよくありますが、このアプリはソニーのパソリ(PaSoRi)に対応することを最大の特徴としています。

NFC機能がない機種や、あっても本体内蔵のNFC機能の性能が悪い機種では、パソリを繋いでカードを読ませることが可能です。

内蔵NFC機能を使うかUSB接続のカードリーダーを使うかはドロワーメニュー内に選択項目があります。

詳細は「外付けデバイス」のページをご覧下さい。

タブ機能詳細

利用履歴

対応するカード

機能

カード内に記録されている全ての履歴事項情報を解読して表示します。

どの程度まで詳細に表示されるかはカードごとに様々です。具体的な内容については、「よくある質問と回答」から各カードごとの説明をお読みください。


参考までによく使われているカードを例にすると、Suicaほか10カードは、日付、鉄道は乗降駅、バスは精算停留所、物販は時刻と物販端末番号などが記録されます。各項目で残高のみが記録されるため実際の使用額、チャージ額は前回との差額で求めますので、最後の記録では金額が求められません。

流通系電子マネー3種(WAON、nanaco、楽天Edy)は、全て決済した日付と時刻、金額、残高を記録します。うちWAONのみ、物販端末番号を記録しますので、カードを読むことで使用した店を調べることができます。

プレミアムサービスで「物販の店名表示・報告機能」を提供しております。

特筆すべき機能

このアプリは、駅名だけでなく、記録があればバス停名・電停名も表示することができるのが最大の特徴です。さらに、バス停によっては位置情報などより細かな情報も登録されています。

また物販では、交通系ICカード、WAONではレジ番号まで、CoGCa、littaでは店までを特定し、表示することができます。どこで幾らの買い物をしたかを後から確認できます。

この強力な機能を生活にお役立てください。

改札履歴

対応するカード

機能

鉄道で通過した改札情報、バスで乗車した車体情報などを表示します。

「履歴情報とは別に改札情報を記録するカード」と「履歴の一部として記録するカード」がありますが、このアプリでは操作性を統一するため、いずれでも専用のタブ「改札」を表示し、ここに情報を表示しています。

後払いでチャージ額が減らないPiTaPaでも、ここでは定価が表示できます。


プレミアムサービスでは全ての情報を表示できます。無料でも日時や金額などは全件表示できますが、駅名や改札情報は最新1件のみとなります。


なお、EX-ICは平成29年9月1日頃を最後に、カード内への書き込みがなくなりました。このため現在ではEX-ICで改札履歴を表示することはできません。

特筆すべき機能

通過した改札口の情報や、乗車したバス車体の情報も表示することができるのが最大の特徴です。

改札口で待ち合わせ場所を連絡するときの参考に、あるいはバス車内に忘れ物をしたときの連絡用にと、使い道は様々です。

この強力な機能を生活にお役立てください。

入出場情報

対応するカード

機能

10カードには、恐らく運賃計算用として、中間改札の情報が記録される領域があります。

乗降の情報が4ブロック(鉄道は1駅=1ブロック消費、バスは1停留所=2ブロック消費)あり、さらに中間改札情報が2件分あります。

このアプリでは、この情報を表示することができます。

10カードでは、可変運賃のバスでも履歴には降車停留所しか記録しませんが、この入出場情報に過去1件分のみですが乗車停留所も記録します。


なお、EX-ICは平成29年9月1日頃を最後に、カード内への書き込みがなくなりました。このため現在ではEX-ICで入出場情報を表示することはできません。

モバイルSuica特急券情報

対応するカード

機能

モバイルSuica内に記録されたモバイルSuica特急券情報を表示します。

なお、アプリは自身の端末内のメモリーを読み取ることができません。この機能を利用するには、プレミアムサービスを利用しパソリを繋いで、パソリ経由でメモリーを読み取る必要があります。

この機能では、発駅・着駅と、2件までの列車名。および運賃料金、特急券番号を表示することができます。

Suicaグリーン券情報

対応するカード

機能

Suicaなどで購入したSuicaグリーン券の情報を表示できます。

日時、発駅、着駅、金額、着席(タッチ)した駅と時刻を表示することができます。

残高情報(残高の詳細)

対応するカード

機能

残高があるカードは全てで履歴タブ最上部でその残高を表示できますが、複数の残高情報を持つことができるカードなどでは、専用に残高タブを用意して詳細を表示しています。

カードごとに表示内容に差がありますが、複数ある各ポケットごとに、チャージ額とプレミアム額とその合算が表示されます。種類がある場合はその種類(通常、昼割、など)も表示できます。

香港の八達通は履歴が読み取れないため、残高タブで残高情報が表示されます。

チャージ履歴

対応するカード

機能

利用履歴とは別に、チャージの履歴が記録されるカードがあります。そういったカードでは、専用にチャージタブを用意し、チャージ履歴を表示しています。

日付と金額は対応する全てのカードで表示できますが、それ以上の情報についてはカードごとに差があります。


プレミアムサービスでは全ての情報を表示できます。無料では詳細な表示は最新1件のみとなります。

ポイント情報

対応するカード

機能

電子マネー(WAON、nanaco、岐阜大学学生証)は、最終的なポイント額の情報を持っています。この情報は、専用にポイントタブを用意して、ここに表示をしています。WAONやnanacoではポイントの有効期限も表示できます。


交通系ICカード(SAPICA、manacaなど)は、ポイントを履歴の状態で保有しているため、利用履歴の画面に融合して表示しています。このためポイントの変遷が分かり易くなっています。この融合表示はプレミアムサービスとなっています。

利用者・記名情報

対応するカード

機能

記名式カードや会員証・学生証等では、記録された個人情報が読み取れることがあります。

ここでは、読み取れる情報を解読し、表示しています。

どの程度の情報が記録されているかはカードごとに様々ですが、名前、電話番号、生年月日を基本とし、さらに他の情報を記録するものがあります。

交通系ICカードでは記名式カードまたは定期券が表示対象となりますが、10カードは可読範囲内に情報がありませんのでこれは表示できません。

manaca情報

対応するカード

機能

manacaはTOICAと違い、独自の情報領域を持ち情報を記録します。

ここでは、次のような読み取れる情報を解読し、表示しています。

  • 鉄道・バスの乗降駅/停留所、日時 (乗り継ぎがあれば最大過去3件まで)
  • 最後にチャージした駅、券売機等、日付の情報
  • ポイント残高と最終更新日時
  • 購入またはカード情報更新の駅名と日付

この機能はプレミアムサービスとして提供されています。

物販定期券

対応するカード

機能

大学生協では物販定期券を提供する大学があります。記録がある場合は、その情報を表示することができます。

EX-IC指定席情報

対応するカード

機能

以前は、EX-ICの指定席情報が表示できました。現在はEX-IC自体への書き込みがなくなったため、表示できません。

かざすフォルダ情報

対応するカード

機能

かざすフォルダの情報が含まれるカードでは、読み取れる情報を一覧形式で表示します。

FeliCaポケット情報

対応するカード

機能

ドロワー

表示画面

FeliCaポケットの情報が含まれるカードでは、読み取れる情報を一覧形式で表示します。

FeliCaポケット記録領域はSuicaなど多くにあり、カードタブにポケット数とFeliCaポケット番号(FPNo.)を表示しています。

実際にFeliCaポケット内に情報がある場合のみ、その情報を別カード扱いで表示しますので、ドロワーからFeliCaポケットを選んでください。

NDEF情報

対応するカード

機能

現在、ACR1252UをUSBで接続した場合に限り、MIFAREを読み取ることができます。

NDEFが記録されたICタグがあれば、それを読み取って表示することができます。

カード情報

対応するカード

機能

読み取られたカード自身の情報を表示します。

カード読み取りエラー等が発生した場合は、このタブのみ表示されることがあります。

問い合わせ

このソフトウェアは、無保証です。

簡単な問い合わせはマストドンへお願いします。

難しいお問い合わせは電子メールで、info@mirai-ii.co.jp までよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2015-2018 All rights reserved.