未来情報産業株式会社 ソフトウェア ‐ NFC関連製品


LOCATION:

ソフトウェア

全ICカード対応

各ICカード乗車券専用

各カードごとに専用で用意しているものです。

「これひとつ」以降は新規作成していませんが、強い要望があれば専用品も作ります。お気軽にどうぞ。

その他のICカード用

(検討中)

対応する環境

まずは、次の2環境を揃えていきます。

他の環境も、要望が多く寄せられれば対応いたしますが、当面はこの環境で対応カードの種類を増やしていく予定です。


弊社のAndroid用アプリの一覧は、Google playでご確認下さい。


目的

地方交通のICカード乗車券ビューアー開発プロジェクト

地方交通のICカード乗車券ビューアー開発プロジェクトとは、全国で使用できるICカード乗車券とは別に発行されている、地方交通の専用ICカードに対する利便性を高めるソフトウェアを開発する、弊社の社内プロジェクトです。

磁気カードと違ってすぐに内容が分からないICカードの不便の解消と、国産のスマートフォンやタブレットの殆どに搭載されていながらあまり使われていないNFC機能を便利に活用することを目的としています。

地方の活性化

昨今は東京一極集中となっており、東京なら仕事があるものの、他の地方(日本第二の都市である大阪なども含む)にはあまり仕事がない、という残念な状況となっています。

一極集中は便利なのでしょうが、日本の経済や、地方の過疎化問題などを考えると、果たしてそれは良いことなのか、何か弊社の技術で改善の策はないものかと検討をしました。

もちろん弊社が結論を出す問題ではありませんが、平安京こと京都府は京都市に本店を置く弊社としては、地方活性に弊社の力を多少なり役立てることが出来れば幸いと思い、本業の合間をぬって、フリーソフトウェアの開発を続けています。

地方で何が不便かといえば、やはり交通等だと思われます。

地方の鉄道会社やバス会社も努力しており、昨今ではICカード乗車券等を導入する事業者も増えてきました。 必ずしも自動改札機は必要ありません。嵐電こと京福電気鉄道のように、各列車と改札にカード読み取り機を設置するだけで、乗車券はIC化でき、また、交通系ICカード全国相互利用なども可能となるでしょう。無人駅などに見られるように、簡易改札機を設置する方法でも良いかもしれません。

ここで問題となるのが「プレミア」、つまり磁気カードによくある前払いすると1割少々お得、というサービスをどうICカードで実現するか、ということで、結果として「その鉄道会社やバス会社専用ICカード」というものが登場してきます。

会社専用ICカードの存在と不便性

汎用と独自

関西であればICOCAやPiTaPa、関東ならSuicaやPASMO、その他主要な地域にはJRと私鉄各社のICカードがあります。

そして、交通系ICカード全国相互利用に参加しているこれらカードは日本鉄道サイバネティクス協議会(サイバネ協会)が規定した「自動改札システムに用いるICカード乗車券規格」に対応しています。

しかしSuica互換のこの規格ではプレミアは対応していません。ポイント還元という方式なら可能ですが、システム維持に費用がかかり面倒です。そこでプレミアに対応させるために作られた鉄道会社やバス会社専用ICカードは、これとは異なる独自仕様ということになります。

汎用なら読めますが

サイバネ規格の標準的なICカードであれば、例えばWindowsであればソニーのカードリーダー「FeliCaポート/パソリ」を購入し、ソニーが提供する「SFCard Viewer 2」というソフトウェアで、Suicaほかカードの残額、履歴などが画面で確認できます。

しかしながら、鉄道会社やバス会社専用ICカードは規格が異なるため、これができません。IC内に記録されるデータの形式が全く違うため、Suica用に作られたアプリでは内容を解読することができないのです。

さて、従来のような磁気カードならば、残額が裏などに刻印され、すぐ分かります。対してICカードはそれもありませんので、従って中身が分かりにくく、カードを利用する上での不便点となっています。

理論上

IC自体は、皆同じソニーのFeliCaです。

Windowsなら「FeliCaポート/パソリ」で読み取れるはずで、対応するアプリさえ用意できれば、画面で残額や履歴が確認できるはずです。

Androidでも、NFC(おサイフケータイ)が使えるスマートフォンなどならSuicaなどと同様に読み取れるはずで、やはり対応するアプリさえ用意できれば、画面で残額や履歴が確認できるはずです。

開発コストなど

しかしこういったソフトウェアの準備はコストが掛かるため、殆どの鉄道・バス会社は、このようなソフトウェアを提供することが出来ずにいると弊社は予想しています。

そこで弊社は、こういったソフトウェアを受注とは無関係に作成し、鉄道会社やバス会社の公認が得られればありがたく公認のフリーソフトウェアとして、さもなくば非公認の野良のフリーソフトウェアとして、いずれにせよ広く世に提供していくことにいたしました。

サポート

ソフトが欲しい一般の皆様へ

開発の方針について

アプリ開発には、莫大なコストが掛かります。開発の人件費に加えて、調査のための交通費や人件費も必要となります。

アプリの動作自体は比較的単純で、ICカードの情報を読み取って画面に表示するだけなのですから、そのICカードの中に保存されているデータの内容の仕組みさえ分かればアプリは完成するわけです。

ただ現状としてカードの情報提供が得られません。零細とはいえ弊社のような企業レベルでも困難なのですから、個人レベルですとまず不可能でしょう。

従って、実際にカードを購入して、カードを使って乗り降りして、という情報を足で稼ぐ必要が生じますが、これには莫大な費用が生じてしまうわけです。

皆様にしていただきたいこと

弊社としては、アプリを開発して公開したいと考えていますが、フリーソフトとして提供できないレベルでの開発費が生じるようなことはできません。そこで、利用者の皆様にも協力を戴く方向で、安くお手軽に作る方針となっています。

簡単には、「カードの中に記録されている情報」を提供していただければ、それを弊社が解析し、ソフトウェアを作ることが可能です。

提供いただく情報にも二段階があり「全く新しいカードに対応するアプリを作る場合」と、「既に公開中のアプリで不足する情報を提供する場合」とがあります。

新規開発の場合

まだ開発していないICカード用に新規にアプリを作る場合、原則として、ICカードで読み取れる全領域のデータが必要になります。

カードの仕組みを知るためには、どうしても欠くことが出来ない情報となります。

ただし当然ながら、

  • カードの残額が弊社に伝わります
  • カードの利用履歴が弊社に伝わります
  • もし記録されているなら、利用者名や電話番号などが弊社に伝わります

以上、個人情報となるもの(記名式の場合、個人を特定できる情報を含むことがあります)を弊社に提供していただくことになります。

それでも情報提供をいただければ、弊社はその情報を大切に用いて、アプリ開発に活用することでお返しをさせていただきます。

またカード内の情報で不明なことがあれば、都度、お尋ねするため、手間暇も掛かります(どういった使い方をしたか、どこで乗車・降車したか、など)が、ご協力いただければ幸いです。

なお、「カードの中に記録されている情報」を読み取るためのツールは、Windows用とAndroid用をご案内または用意しています。

Windows用は、パソリが必須で、コマンドラインを利用できるスキルも必須ですが、FeliCa Libraryにある「felicalib 0.4.2」をダウンロードし、中の FelicaDump.exe を実行した結果をファイルにしてメールしてください。

Android用は、「ICカード これひとつ」に内蔵されたダンプツールをご利用下さい。

既に公開中の場合

既に公開中のAndroid用アプリでは、未対応の駅や停留所があれば、その情報を弊社に提供できる機能が搭載されています。

従って、他に何も用意せず、そのアプリのみで弊社に情報提供が可能です。

この時に送信される情報は個人情報保護の観点から必要最小限となっていて安全です。

ただし、機能面等で不足ありとお考えのご利用者様がおられれば、新規開発と同様に全データをメール等で送っていただくことも可能です。その情報で更なる改良をさせていただきます。

プライバシー ポリシー

ICカードビューアーシリーズのプライバシー ポリシー も併せてご覧下さい)

弊社は、ソフトウェア開発以外の目的でそのデータを利用しません。

解析によって得られた結果のうち、データフォーマットなどについては、個人情報を含まない形で公開し、他のアプリケーション作成のお役に立てるようにすることがあります。

弊社を信用していただけるのであれば、まずはメールやTwitter等でお知らせください。カード内の情報を取り出すツールや方法をお知らせします。

なお、無償の開発ですので、納期についてはお約束できませんが、戴いた情報は大切にし、可能な限り完成できるよう努力をいたします。

ICカードを導入しておられる鉄道・バス事業者様へ

弊社では、現在公開中のようなICカード乗車券用のアプリを今後も開発し、無償で公開する計画です。

「ICカードこれひとつ」では、読み取れるICカード乗車券用は全て読み取り、分かる範囲内で表示する機能を提供できるようになりました。

このソフトウェアは、残額や履歴が自宅等で確認でき、利用者が便利になります。また、書き換えなどはできませんので、不正利用などはできません。カードのセキュリティを侵さない、合法な範囲内で利便性を高めるためのアプリとなっています。

弊社から遠く行くことができないような交通機関でも、カードの仕様さえ分かればソフトウェアを作成し、公開することができますし、実際に弊社では見たことのないカードのアプリを作成して公開を続け、陰ながら利用者の利便性向上に努めさせて戴いております。

このアプリがあれば、カードの利便性が高まることになり、乗客の利便性が高まるばかりでなく、事業者としてもメリットがあると考えられます。もしよろしければ、カード仕様の提供をお願いできれば幸いです。秘密保持契約の締結が必要であれば、その旨お知らせ下さい。

弊社は今後も全国の全カードを網羅する計画ですので、遠慮なくよろしくお願いします。

電子メールで、info@mirai-ii.co.jpまでよろしくお願いします。

なお、無償の開発ですので、納期についてはお約束できません。

正規の開発受注も賜わっておりますので、御社の都合に合わせたソフトウェアを希望される場合はその旨お知らせください。

追加の情報

ニュースリリース

資料請求・問い合わせ

電子メールで、info@mirai-ii.co.jpまでよろしくお願いします。

簡単なお問い合わせは、Twitter @miraicorp でも対応致しております。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2007-2016 All rights reserved.