未来情報産業株式会社 もじかん更新履歴


LOCATION:

更新履歴

ver 1.02a (2012/03/14)

ver 1.02 (2011/07/04)

ver 1.01g (2011/04/25)

ver 1.01f (2010/12/09)

ver 1.01e (2010/09/25)

ver 1.01d (2010/08/19)

ver 1.01c (2010/06/01)

ver 1.01b (2010/04/26)

ver 1.01a (2010/04/09)

ver 1.01 (2010/03/27)

ver 1.00d (2010/03/12)

ver 1.00c (2010/02/15)

ver 1.00b (2010/01/28)

ver 1.00a (2010/01/06)

-IVSAUTOは、基本的にはIVSオンと同様に異体字セレクターを出力するが、互換漢字が存在する場合は、互換漢字に変換する。但し、出力DLLが対応している場合のみ。

現在は、lng_ja.dll と、lib_unicode.dll でのみ対応する。具体的には、SJIS/EUC-JP/ISO-2022-JP系と、UTF-8/16-32で動作。

なお、入力がSJIS等の場合、自動判定ではJISの版が不明のためVSを出力しない。手動で設定する必要がある(例: -i:sjis/90)。


統括DLLに与えるenumの名称も変更されているので注意。値自体は変更がない。

GTEF_IVS_ON = 0,
GTEF_IVS_OFF,
GTEF_IVS_CUT,
GTEF_IVS_ON = 0,
GTEF_IVS_AUTO,
GTEF_IVS_OFF,

ver 1.00 (2009/12/12)

ver 0.19 beta (2009/12/10)

ver 0.18 beta (2009/12/03)

ver 0.17 beta (2009/12/02)

ver 0.16 beta (2009/11/26)

ver 0.15 beta (2009/11/20)

ver 0.14 beta (2009/11/12)

ver 0.13 beta (2009/10/29)

ver 0.12 beta (2009/10/23)

ver 0.11 beta (2009/10/14)

ver 0.10 beta (2009/09/30)

ver 0.09 beta (2009/09/18)

ver 0.08 beta (2009/09/15)

ver 0.07 beta (2009/09/07)

ver 0.06 beta (2009/08/28)

ver 0.05 beta (2009/08/19)

ver 0.04 beta (2009/08/11)

ver 0.03 beta (2009/08/07)

ver 0.02d beta (2009/07/21)

ver 0.02c beta (2009/07/02)

ver 0.02b beta (2009/06/01)

ver 0.02a beta (2009/05/01)

ver 0.02 beta (2009/03/31)

gtef.exe

lib_unicode.dll

lng_ja.dll

全変換DLL

-IVSOFFは、互換漢字に変換する。但し、出力DLLが対応している場合のみ。

現在は、lng_ja.dll と、lib_unicode.dll でのみ対応する。具体的には、SJIS/EUC-JP/ISO-2022-JP系と、UTF-8/16-32で動作。

未対応のDLLでは、-IVSCUTと同等の動作をする。

ver 0.01 beta (2009/03/17)

ベータテスト初版

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2007-2012 All rights reserved.