未来情報産業株式会社 ケータイ絵文字


LOCATION:

ケータイ絵文字

携帯電話機には、絵文字と呼ばれる独自の文字が搭載されています。

キャリア(携帯電話をサービスする会社)ごとにその仕様は様々ですが、これらの相互変換が必要となり、この機能が実現されています。

技術

弊社製品「もじかん」では、ケータイ絵文字の相互変換や、SJIS/UTF-8の符号変換に対応しています。

以下説明される技術的内容は、すべて「もじかん」で実現されています。

符号変換条件

対応

通常は、シフトJISまたはUTF-8の外字を使います。このほか、Unicode 6.0からケータイ絵文字が公式の仕様として導入されました。

現在、シフトJIS、UTF-8外字、公式仕様の3種類を、相互に変換することができます。全パターンに対応しています。

  • シフトJIS→UTF-8外字
  • シフトJIS→Unicode規格文字
  • UTF-8外字→シフトJIS
  • UTF-8外字→Unicode規格文字
  • Unicode規格文字→シフトJIS
  • Unicode規格文字→UTF-8外字

TRONコード

また、暫定的にTRONコードにも対応しています。以下のパターンに対応しています。

  • シフトJIS→TRONコード
  • UTF-8外字→TRONコード
  • TRONコード→シフトJIS
  • TRONコード→UTF-8外字
  • TRONコード→Unicode規格文字

太陽、曇り、などJIS X 0213にある文字は、1面のJIS X 0213文字が優先されて出力されます。出力面の優先選択の設定方法などについては検討中です。

注意点

内部設計上は、UTF-8以外でも外字領域での入出力が可能ですが、現在はUTF-8のみ、外字での入出力に対応しています。もし需要があればUTF-16その他へ対応する用意がありますのでお知らせ下さい。

なお、符号名に特別な指定がない場合(例えば、UTF-8とした場合)、公的仕様に準じた符号が出力されます(※但し、現在はドラフト仕様に準じて実装されており、今後変わる可能性がある符号位置を使っています)。

符号名に特別な指定をした場合(例えば、UTF-8/DOCOMOとした場合)、外字領域に対応した入出力が可能になります。

異キャリア変換条件

携帯電話、PHSの各キャリアごとに、それぞれ独自に絵文字を定義しており、元々互換性や相互運用性などは考慮されていません。

現在は、電子メールにおいて各キャリアが自動変換サービスを提供していることから、この公式の変換条件を採用することにしています。

現在は、次の変換に対応しています。ウィルコムについては補足がありますので最後までお読み下さい。

ウィルコムは、独自の絵文字と、iモード(ドコモ)完全互換の絵文字の二種類を持っています。入力は双方に対応しますが、出力はiモード互換のもののみ対応します。従って、ウィルコム→ウィルコムとすると、入力と出力が一致しないことがあります。

文字集合

各携帯電話キャリアごとに、文字集合に拡張の歴史があります。古いものから新しいものまで、様々な版に対応しています。

NTTドコモ

au

互換性を重視するなら2を使用します。単に/AUと指定した場合は/AU/6と同義となります。

ソフトバンクモバイル

最新の3G端末は、シフトJISでは外字文字として利用可能。それ以前は特殊なエスケープシーケンスを使用します。

異キャリア変換時の注意点、留意点

絵文字の変換は、往復変換(A→B→A'で、A=A'であること)が保証されません。また、変換先が必ずしも適切な絵文字でない事もあるほか、変換元で一文字の絵文字が、変換先で二文字の絵文字になることもあります(これは公式のサービスでも同様です)。

絵文字変換でHTML作成などをする場合は、必ず変換後を表示させて確認し、妥当かどうかは利用者自身が判断してください。

特に、auから他への変換の場合は、変換先の絵文字の意味を無視して見た目や雰囲気だけで変換先が選ばれている傾向にあるため注意が必要です。

また公式変換では、変換先に適切な絵文字がない場合、普通の文字(例えば矢印の絵文字が↑などになる等)や、いわゆるアスキーアートになることが多々あります(特にau→ドコモの変換)。こういった、適切な変換先が存在しない絵文字は、公式サービスとは異なり通常文字に変換したりせず、無効文字(シフトJISなら?、UnicodeならU+FFFD)を出力します。複数のキャリアに対応するためには、このような文字は使用しないよう注意する必要があります。

実装と対応について

もじかん

弊社製品「もじかん」では、上述のように、異キャリア間での文字の変換と、文字コードの変換に対応しています。

資料請求・問い合わせ

電子メールで、info@mirai-ii.co.jpまでよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2007-2010 All rights reserved.